出産するともらえるお金

12月 18th, 2015 by admin

出産すると、健康保険からお金が出ることをご存じでしょうか。
このお金、2種類あって、ひとつは「自分が加入している健康保険組合から出るお金」。
ふたつめは、「加入者に扶養されている家族が出産したときに健康保険組合から出るお金」です。

前者を「出産育児一時金」後者を「家族出産育児一時金」といいます。

健康保険に加入している本人が出産したときにもらえる出産育児一時金ですが、支給額は子どもひとりにつき42万円です。

あくまで1人につき42万円ですから、ふたごの場合は倍額となります。

この出産育児一時金は国民健康保険でも組合の健康保険でも、健康保険に加入さえしていればもらえる手当です。

出産育児一時金は健康保険の加入者本人に支給される手当ですから、結婚しているか否かを問いません。

例え未婚の母であっても、支給されます。

次に、家族出産育児一時金です。
健康保険加入者から扶養されている人が出産した場合に、被保険者に42万円支給される制度です。
扶養されている場合ですから、妻に限らず、娘でも支給対象になります。

なお、一時金が支給されるのはあくまで健康保険に加入している本人であって、出産した被扶養家族
ではないことに注意してください。

これらの給付金は、妊娠後85日を経過していれば、死産や流産した場合でも支給となります。

最後に、出産手当金についてお話しましょう。

これは、健康保険の加入者が出産のために休職して、さらに給与が出ていない、あるいは給与減額の措置を受けている場合にもらえる手当となります。

いわば、出産のために減った所得の補償という性格を持ちます。
支給額は、1日あたりの給与の3分の2。

支給される日数は、出産予定日の前42日(双子以上を妊娠している場合は98日)、産後56日です。
とはいえ、出産予定日通りに生まれるというものでもありません。

実際に出産される日程が大きくずれてくる場合もあります。
しかし、出産日が遅れた場合は、その遅れた日付分、支給が上乗せになります。

所得減少をカバーしてくれる嬉しい制度ですが、残念ながらこの制度は国民健康保険には存在しません。
社会保険に加入している必要があります。

なお、出産関係の手当については下記のサイトで細かい注意点をご確認ください。
失業保険と退職 出産手当金の注意点

食生活改善で免疫力もアップ

7月 14th, 2015 by admin

免疫力が低下しているときは虫歯も歯周病も進行しやすくなっています。

病気で寝たきりの方は抵抗力が落ちていますので、
たとえ口から食べ物を食べなくても
口の中の環境は悪くなり、歯周病があるなら進行してしまいます。

食べるから虫歯や歯周病になる。
これは間違いです。

口の中の環境が悪くなる原因は唾液の不足。
つまり完走させることが良くないということです。

あとは、栄養状態にも問題が有り、
栄養素がバランスよくとれているかというのも
免疫力アップの決め手となります。

失業中の手続き(これを怠ると、失業保険をまるまるもらいそこなったりします)について詳しく解説したサイトを下記に挙げておきます。
※失業保険.com http://www.shitsugyo-hoken.com/
※失業保険の基礎 http://shitsugyohoken.com/

平等に使ってみたい奥歯

6月 28th, 2015 by someone

左利き、右利きがあるように、
普段の食事の際、常に使っている奥歯というものがあると思います。

比較的柔らかいものなら平等に使っているのかもしれませんね。
噛むという行為自体意識することがありませんし、
すべての歯を使っている感覚を覚えるものです。

しかし、硬いもの。
例えば分厚いステーキや軟骨といったものは
左右、どちらかの奥歯を専用に使っている気がします。

なぜそう思うのか?

例えば普段使っている奥歯に虫歯があったり、歯茎が浮いた状態、
または腫れている、口内炎があるとなると
そこで硬いものを噛み砕くことがしんどくなります。
歯痛があると意識してそこで噛むことはありませんし、
反対側の奥歯を使っていますよね?

人には癖があり、
奥歯以外でも肩、腕、足(組む、踏み出しなど)、目(左右どこの目で物を見ているか)
が異なります。

なにか不自由があり、片方が使えなくなった時
それを実感するのです。

また、左右のどちらかを使うくせがあることで
体の歪み、顔の歪みを作り出してしまうことがあるのです。

体が不調なときは消化しやすくて噛まなくても食べられるものを

5月 25th, 2015 by someone

体調がすぐれない時や、歯が痛い時。

普通食では疲れてしまうことだってありますし、
体調不良の時は戻してしまう下してしまうということもあります。

そのようなときは無理に栄養をつけようとしなくてもよいと思います。
普段の食事ができるようになればOKという考えもありますが、
それに持って行くには、まずは消化しやすくて、
あまり噛まなくても楽に食べられるものを食事とするのです。

栄養があるからといって普段好きな食事を与えた。
そのために胃腸の調子がさらに悪くなるということもあります。

実は私の母がそのようにしようとしたため、
「ろくなものを食べてなかったはずという考えが母親の気持ちだったのでしょう」
その時はうどんをうんと煮てから食べさせたほうがいいよ、
腸が悪いと言われたのに油のあるものはあげないほうがいいよ、
ということを提案したのです。

食べられない時は栄養価の高い飲み物だっていいのです。

歯抜けが良くない理由

3月 13th, 2015 by someone

奥歯や犬歯の場合、
普段の口の開きでは見えないため、
その部分の歯が抜けた状態でも気にならないものです。

他人には見えませんし、家族だってそれを気にすることがありません。
食べるにも他の歯がありますので、生活にも仕事にもししょうがないのです。

ただ、それを放置することで良くないことがあります。

それは、「歯並びに支障が出てくる」ということですが、
そのために前歯が開いてきたりすれば、
見た目の印象も悪くなってしないます。

それ以外には、歯が無い部分の隣り合った歯は自由自在ですので、
傾いてくる可能性もあるのです。
そうなると状態としてはよくありませんし、
顎のラインが変わってくることだって想定できます。

歯列矯正によって顎のラインが変わるのは、
歯並びを整えたことによるもので、それには失った歯というのも
きちんとカバーされてるのです。

入れ歯を取ると顎のラインが劇的に変わる。。。
そう考えると歯抜けの状態が良くないのはわかりますよね?

歯の欠け

1月 22nd, 2015 by someone

力を欠けているわけでもないのに
普段の生活の中で歯が欠けるということは
歯に何らかの異常があるということになります。

白くて健康な歯なら、歯ぎしりによるものかもしれません。
日々、強い力が加わることで歯に亀裂が生じ、挙げ句の果てに
歯が欠けてしまうこともあるのです。
その力はなんと何十キロと言われており、その力が日々加わることで
欠けないほうがおかしいともいえます。

欠けた部位に茶色い色が付いているのなら
虫歯によるものです。

どちらの場合もそのままではよくありません。
象牙質がむき出しになっていますので
虫歯リスクは高くなってきます。

エナメル質があって歯が滲みることもありませんし、
虫歯リスクもうんと低くしてくれています。

治療によってエナメル質を再生するということはできませんが、
詰め物などによってむき出しになった部位を修正することで
虫歯リスクや歯の滲みも低くしてくれるのです。

家族の食生活で気をつけたいこと

11月 28th, 2014 by someone

虫歯対策のために家族の食生活で気をつけたいこととはなんでしょう?

私が思うには、食事のメニューではなく、
時間を決めた食事とデザートということになるかと思います。

その度毎に歯磨きをしてもらい、
よる寝る前に何か甘いモノを飲む、何かを食べる
ということをさせないことだと。

もちろんバランスの良い食事は大切です。
それによって治癒力を高められる可能性もあるからです。
歯周病になっている家族がいるとそう心がけてあげたいですよね?

治癒力を高められる食事としては体を温めてくれる食材を用いることと、
決まった時間に寝起きしてもらうことです。

決まった時間に寝起きしてもらうことでは、
その時間の間に細胞の修復が行われることや、
疲れが取れるというメリットが有るのです。

お子様ならカルシウムをタップリと摂取させることで
骨の発達や歯にも良いと言われています。
大人になるとカルシウムは失われるばかりで、蓄えることは出来ません。
失われたぶんを補うだけとなりますが、
成長期の子供の場合、蓄えることができると言われているのです。

歯痛を軽くするツボ

10月 17th, 2014 by someone

私自身、歯痛によってつらい日々を過ごしたことがあります。

ここまでなぜ放置したのか。
今はその理由はわからないのですが、
一時的に鎮痛剤やツボ押しをしてたことは事実です。

最終的には会社の近くの歯科へ通い全ての虫歯を治療してもらいました。

やったツボ押しは、親指と人差し指の間の凹んだ当たりを反対側の親指と人差し指で強めに指圧するというものでした。

一時は効果がありましたね。

その時は車がなくバス通勤をしてましたので
揺られている間指圧をしていたのです。
もしも自動車通勤ならそれが出来ずに痛くてたまらなかったことでしょう。

幸い、抜歯するほどの歯はありませんでしたが、
歯抜けをしている部分がありましたのでそこにはブリッジをしてもらったのです。

そういえば思い出したことがあります。

その前に歯科通院した歯医者さんが会社の近くにありました。
そこでの治療が納得できなかったため
途中で行くのをやめてしまったのです。

おそらく私のように途中で治療をしなくなった人もいるでしょうが
それなら他の歯医者さんを探して治療してもらいましょう。

歯磨きだけで虫歯対策できるか

9月 14th, 2014 by someone

歯磨きさえしていれば虫歯にも歯周病にもならないといいですね。

でも小さな虫歯は歯科通院されてない方だと誰にでもあると思っていますし、
なりかけている歯だって誰にでもあると思っています。

目に見えない部分は磨きにくいもの。
見えないために磨けていないことすらわからないもの。

それが歯と歯茎の境目や隙間だったりするのです。
歯と歯茎なら、磨き残している、バイオフィルムがあるというだけで
雑菌が繁殖しやすく、そこに歯周病菌が住み着けば
格好の餌がたくさんあるため、歯周炎、歯周病へと進行していきます。

雑菌の塊であるバイオフィルムや歯垢、歯石は取り除きにくいため
歯医者さんでクリーニングをしてもらったりするのです。

この歯ブラシなら大丈夫!

というものはありません。

確かに正しく使えば大丈夫なのかもしれませんが、
道具に頼りすぎて過信しがちなのが私たち人間です。

歯医者さんもおすすめ!

というものを買ったのに、、、と思っても、
過信するからこそ道具のせいにしてしまうのです。

歯磨きで口臭をなくす

8月 13th, 2014 by someone

歯磨きをすることで口臭が防げます。

昼間、昼食をとったあと、常に人と接する職種の方にはぜひやってもらいたいのですが、
歯磨きをすることで奥歯などに溜まってしまったヌメリを落とすことができますし、
雑菌が繁殖したまま放置すると口臭が発生します。

たばこを吸われる方にも効果があります。
昼食後のタバコは美味しいかもしれませんが、そのままで人と接すると
タバコ臭がします。
でも歯磨きをすることでそれも感じさせずに済むのです。

毎回の食事の後歯磨きをすることでは
虫歯の予防につながってきます。

もちろんきちんと磨けていればの話ですし、
定期的に検診を受けることで予防効果はさらに高くなります。

膿を持つほどに悪化した虫歯では異臭を放つようになります。
そこを舌先で押すと臭い膿がでてきますし
炎症を起こしている歯茎にも異臭が漂っているのです。

口臭予防の歯磨きでは虫歯も予防できるというわけですので、
治療通院にかかるあなたの大切な時間もムダにすることはありません。