飲み物が無くても食事ができる?

唾液の量が不足していると、食事中の飲み物が欠かせなくなるようです。

水で流し込んでいるという方もいるようですが、
小さい頃から咀嚼して唾液を増やし、飲み込める習慣があると
水などがなくても食事に困らないと言います。

味噌汁がありますので、必要に応じてそれを飲むのです。

唾液の分泌料が増えると虫歯や歯周病になるリスクも低くすることができます。
噛むことで増やすことができるのが唾液なのです。

普段の食生活で、食後のあとの水という習慣がある方は
ドライマウスになりにくいとも言われています。

This entry was posted on 水曜日, 4月 10th, 2013 at 11:01 PM and is filed under 食生活. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed, Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.