キシリトールを生活の中にうまく取り入れるには

虫歯予防や再石灰化などで注目されているのがキシリトールです。

キシリトールは野菜や果物にも含まれていますが、それで1日のぶんをすべて取り入れるのは大変なこと。含有量が少ないためそれらの食材をたくさん食べなければならないことと、食間にキシリトールを取り入れたほうが良いため、困難なのです。

食間ということで気軽に使えるものはキシリトール入のガムですが、市販品と歯科専用のものがあります。もしも虫歯予防でキシリトールガムを取り入れたいのなら、甘味料としてのキシリトール含有量50%以上のものを取り入れてください。ちなみに歯科専用のものには100%といいうものが存在します。しかも硬めに作られているため唾液分泌量が増えますのでかなり良い商品だと思います。キシリトールを取り入れながら唾液分泌量が増えれば口の中の環境が良くなります。

食事をした後に噛む、甘い飲み物を飲んだ時に噛むといった感じで取り入れてみてはいかがでしょうか?

This entry was posted on 月曜日, 7月 14th, 2014 at 8:27 PM and is filed under キシリトール. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed, Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.