歯磨きだけで虫歯対策できるか

歯磨きさえしていれば虫歯にも歯周病にもならないといいですね。

でも小さな虫歯は歯科通院されてない方だと誰にでもあると思っていますし、
なりかけている歯だって誰にでもあると思っています。

目に見えない部分は磨きにくいもの。
見えないために磨けていないことすらわからないもの。

それが歯と歯茎の境目や隙間だったりするのです。
歯と歯茎なら、磨き残している、バイオフィルムがあるというだけで
雑菌が繁殖しやすく、そこに歯周病菌が住み着けば
格好の餌がたくさんあるため、歯周炎、歯周病へと進行していきます。

雑菌の塊であるバイオフィルムや歯垢、歯石は取り除きにくいため
歯医者さんでクリーニングをしてもらったりするのです。

この歯ブラシなら大丈夫!

というものはありません。

確かに正しく使えば大丈夫なのかもしれませんが、
道具に頼りすぎて過信しがちなのが私たち人間です。

歯医者さんもおすすめ!

というものを買ったのに、、、と思っても、
過信するからこそ道具のせいにしてしまうのです。

This entry was posted on 日曜日, 9月 14th, 2014 at 2:58 PM and is filed under 食生活. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed, Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.