歯の欠け

力を欠けているわけでもないのに
普段の生活の中で歯が欠けるということは
歯に何らかの異常があるということになります。

白くて健康な歯なら、歯ぎしりによるものかもしれません。
日々、強い力が加わることで歯に亀裂が生じ、挙げ句の果てに
歯が欠けてしまうこともあるのです。
その力はなんと何十キロと言われており、その力が日々加わることで
欠けないほうがおかしいともいえます。

欠けた部位に茶色い色が付いているのなら
虫歯によるものです。

どちらの場合もそのままではよくありません。
象牙質がむき出しになっていますので
虫歯リスクは高くなってきます。

エナメル質があって歯が滲みることもありませんし、
虫歯リスクもうんと低くしてくれています。

治療によってエナメル質を再生するということはできませんが、
詰め物などによってむき出しになった部位を修正することで
虫歯リスクや歯の滲みも低くしてくれるのです。

This entry was posted on 木曜日, 1月 22nd, 2015 at 10:15 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed, Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.