歯抜けが良くない理由

奥歯や犬歯の場合、
普段の口の開きでは見えないため、
その部分の歯が抜けた状態でも気にならないものです。

他人には見えませんし、家族だってそれを気にすることがありません。
食べるにも他の歯がありますので、生活にも仕事にもししょうがないのです。

ただ、それを放置することで良くないことがあります。

それは、「歯並びに支障が出てくる」ということですが、
そのために前歯が開いてきたりすれば、
見た目の印象も悪くなってしないます。

それ以外には、歯が無い部分の隣り合った歯は自由自在ですので、
傾いてくる可能性もあるのです。
そうなると状態としてはよくありませんし、
顎のラインが変わってくることだって想定できます。

歯列矯正によって顎のラインが変わるのは、
歯並びを整えたことによるもので、それには失った歯というのも
きちんとカバーされてるのです。

入れ歯を取ると顎のラインが劇的に変わる。。。
そう考えると歯抜けの状態が良くないのはわかりますよね?

This entry was posted on 金曜日, 3月 13th, 2015 at 8:41 PM and is filed under 食生活. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed, Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.