体が不調なときは消化しやすくて噛まなくても食べられるものを

体調がすぐれない時や、歯が痛い時。

普通食では疲れてしまうことだってありますし、
体調不良の時は戻してしまう下してしまうということもあります。

そのようなときは無理に栄養をつけようとしなくてもよいと思います。
普段の食事ができるようになればOKという考えもありますが、
それに持って行くには、まずは消化しやすくて、
あまり噛まなくても楽に食べられるものを食事とするのです。

栄養があるからといって普段好きな食事を与えた。
そのために胃腸の調子がさらに悪くなるということもあります。

実は私の母がそのようにしようとしたため、
「ろくなものを食べてなかったはずという考えが母親の気持ちだったのでしょう」
その時はうどんをうんと煮てから食べさせたほうがいいよ、
腸が悪いと言われたのに油のあるものはあげないほうがいいよ、
ということを提案したのです。

食べられない時は栄養価の高い飲み物だっていいのです。

This entry was posted on 月曜日, 5月 25th, 2015 at 11:19 AM and is filed under 食生活. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed, Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.