出産するともらえるお金

出産すると、健康保険からお金が出ることをご存じでしょうか。
このお金、2種類あって、ひとつは「自分が加入している健康保険組合から出るお金」。
ふたつめは、「加入者に扶養されている家族が出産したときに健康保険組合から出るお金」です。

前者を「出産育児一時金」後者を「家族出産育児一時金」といいます。

健康保険に加入している本人が出産したときにもらえる出産育児一時金ですが、支給額は子どもひとりにつき42万円です。

あくまで1人につき42万円ですから、ふたごの場合は倍額となります。

この出産育児一時金は国民健康保険でも組合の健康保険でも、健康保険に加入さえしていればもらえる手当です。

出産育児一時金は健康保険の加入者本人に支給される手当ですから、結婚しているか否かを問いません。

例え未婚の母であっても、支給されます。

次に、家族出産育児一時金です。
健康保険加入者から扶養されている人が出産した場合に、被保険者に42万円支給される制度です。
扶養されている場合ですから、妻に限らず、娘でも支給対象になります。

なお、一時金が支給されるのはあくまで健康保険に加入している本人であって、出産した被扶養家族
ではないことに注意してください。

これらの給付金は、妊娠後85日を経過していれば、死産や流産した場合でも支給となります。

最後に、出産手当金についてお話しましょう。

これは、健康保険の加入者が出産のために休職して、さらに給与が出ていない、あるいは給与減額の措置を受けている場合にもらえる手当となります。

いわば、出産のために減った所得の補償という性格を持ちます。
支給額は、1日あたりの給与の3分の2。

支給される日数は、出産予定日の前42日(双子以上を妊娠している場合は98日)、産後56日です。
とはいえ、出産予定日通りに生まれるというものでもありません。

実際に出産される日程が大きくずれてくる場合もあります。
しかし、出産日が遅れた場合は、その遅れた日付分、支給が上乗せになります。

所得減少をカバーしてくれる嬉しい制度ですが、残念ながらこの制度は国民健康保険には存在しません。
社会保険に加入している必要があります。

なお、出産関係の手当については下記のサイトで細かい注意点をご確認ください。
失業保険と退職 出産手当金の注意点

This entry was posted on 金曜日, 12月 18th, 2015 at 11:46 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed, Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.