予防することが重要

むし歯は風邪と同じく一般的な病気です。

むし歯は、一定の水準以上まで進行致すると、それによって失った歯が再生することはありません。

そのため治療によってむし歯の進行を止め、歯を保存し、合併症を防ぐことが重要です。

またむし歯になってから歯科医院に行くのでなく、むし歯にならないよう歯科医院に行く、という予防中心の治療を目指して、一生健康な歯でいられるよう定期検診に行かれたほうが良いでしょう。

This entry was posted on 月曜日, 12月 26th, 2011 at 8:37 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed, Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.