歯肉炎がはじまったら

歯周病の主な種類は歯肉に炎症が起こる歯肉炎と歯周骨まで進行している歯周炎に分けられます。

年代によっても成人性歯肉炎や若年性歯肉炎など細かく分けられていることもあります。

歯周病は細菌による感染なので、自分以外の人に移してしまう可能性がありますし、自覚症状が初期の段階ではなかなかわからないので、症状に気づいたときはかなり菌の感染が進んでしまっている場合があります。

おかしいと思ったら早めの受診をし、治療をするのがよいでしょう。

This entry was posted on 木曜日, 5月 31st, 2012 at 12:29 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed, Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.