出産するともらえるお金

12月 18th, 2015 by admin

出産すると、健康保険からお金が出ることをご存じでしょうか。
このお金、2種類あって、ひとつは「自分が加入している健康保険組合から出るお金」。
ふたつめは、「加入者に扶養されている家族が出産したときに健康保険組合から出るお金」です。

前者を「出産育児一時金」後者を「家族出産育児一時金」といいます。

健康保険に加入している本人が出産したときにもらえる出産育児一時金ですが、支給額は子どもひとりにつき42万円です。

あくまで1人につき42万円ですから、ふたごの場合は倍額となります。

この出産育児一時金は国民健康保険でも組合の健康保険でも、健康保険に加入さえしていればもらえる手当です。

出産育児一時金は健康保険の加入者本人に支給される手当ですから、結婚しているか否かを問いません。

例え未婚の母であっても、支給されます。

次に、家族出産育児一時金です。
健康保険加入者から扶養されている人が出産した場合に、被保険者に42万円支給される制度です。
扶養されている場合ですから、妻に限らず、娘でも支給対象になります。

なお、一時金が支給されるのはあくまで健康保険に加入している本人であって、出産した被扶養家族
ではないことに注意してください。

これらの給付金は、妊娠後85日を経過していれば、死産や流産した場合でも支給となります。

最後に、出産手当金についてお話しましょう。

これは、健康保険の加入者が出産のために休職して、さらに給与が出ていない、あるいは給与減額の措置を受けている場合にもらえる手当となります。

いわば、出産のために減った所得の補償という性格を持ちます。
支給額は、1日あたりの給与の3分の2。

支給される日数は、出産予定日の前42日(双子以上を妊娠している場合は98日)、産後56日です。
とはいえ、出産予定日通りに生まれるというものでもありません。

実際に出産される日程が大きくずれてくる場合もあります。
しかし、出産日が遅れた場合は、その遅れた日付分、支給が上乗せになります。

所得減少をカバーしてくれる嬉しい制度ですが、残念ながらこの制度は国民健康保険には存在しません。
社会保険に加入している必要があります。

なお、出産関係の手当については下記のサイトで細かい注意点をご確認ください。
失業保険と退職 出産手当金の注意点

歯の欠け

1月 22nd, 2015 by someone

力を欠けているわけでもないのに
普段の生活の中で歯が欠けるということは
歯に何らかの異常があるということになります。

白くて健康な歯なら、歯ぎしりによるものかもしれません。
日々、強い力が加わることで歯に亀裂が生じ、挙げ句の果てに
歯が欠けてしまうこともあるのです。
その力はなんと何十キロと言われており、その力が日々加わることで
欠けないほうがおかしいともいえます。

欠けた部位に茶色い色が付いているのなら
虫歯によるものです。

どちらの場合もそのままではよくありません。
象牙質がむき出しになっていますので
虫歯リスクは高くなってきます。

エナメル質があって歯が滲みることもありませんし、
虫歯リスクもうんと低くしてくれています。

治療によってエナメル質を再生するということはできませんが、
詰め物などによってむき出しになった部位を修正することで
虫歯リスクや歯の滲みも低くしてくれるのです。

歯痛を軽くするツボ

10月 17th, 2014 by someone

私自身、歯痛によってつらい日々を過ごしたことがあります。

ここまでなぜ放置したのか。
今はその理由はわからないのですが、
一時的に鎮痛剤やツボ押しをしてたことは事実です。

最終的には会社の近くの歯科へ通い全ての虫歯を治療してもらいました。

やったツボ押しは、親指と人差し指の間の凹んだ当たりを反対側の親指と人差し指で強めに指圧するというものでした。

一時は効果がありましたね。

その時は車がなくバス通勤をしてましたので
揺られている間指圧をしていたのです。
もしも自動車通勤ならそれが出来ずに痛くてたまらなかったことでしょう。

幸い、抜歯するほどの歯はありませんでしたが、
歯抜けをしている部分がありましたのでそこにはブリッジをしてもらったのです。

そういえば思い出したことがあります。

その前に歯科通院した歯医者さんが会社の近くにありました。
そこでの治療が納得できなかったため
途中で行くのをやめてしまったのです。

おそらく私のように途中で治療をしなくなった人もいるでしょうが
それなら他の歯医者さんを探して治療してもらいましょう。

転職面接の秘訣

8月 3rd, 2014 by admin

お勧めサイトの紹介です。

転職面接インフォ http://tensyoku-mensetsu.info/

転職にあたって、避けて通ることが不可能なのが面接です。

面接官の質問から、何を聞こうとしているのかを見抜き、高い評価を得られる回答を返さなければなりません。

面接など、普段から慣れている人はいませんから、多くの人は苦手意識を持っています。

しかし、事前に聞かれる内容はさほどバリエーションに富んでいるわけでもありませんので、必要以上に恐れる必要はありません。

面接で聞かれる、典型的な質問とそれに対応する回答内容を頭にたたき込んでおけば、及第点の受け答えは十二分に可能です。

上記サイト「転職面接インフォ」で面接対策をねってください。

虫歯は昔からあった

4月 16th, 2014 by someone

今はどこに行っても近くに歯科医院が有り、
虫歯や歯周病の治療を受けることができます。

昔はどうだったのか?

庶民は通うことができなかったでしょう。

砂糖もなかった時代、虫歯がなかったのかというとそうではありません。
歯周病だって昔からありましたし、
虫歯で歯の痛みの辛さを経験された方もいます。

なぜそれがわかるかというと、
お歯黒を調べたらわかることです。

お歯黒をするのは結婚をした新婦ということになりますが、
それをした歯は虫歯になっていても進行することがなく、
また、新たな虫歯になることもなかったようです。
さらには、歯周病になる率も低かったとされています。

お歯黒の成分には痛みを麻痺させるものも含まれていたそうです。
ちょっとの痛みなら感じずにいたのです。

一度ではキレイに着色することができなかったため
複数回塗布することによって輝く艶のあるお歯黒を完成させたと言われています。

また、歯磨き粉もかなり古くから売られていたそうです。
ただその目的は口臭対策と言われているようですが。

退職手続きを知る

2月 19th, 2014 by admin

お勧めサイトの紹介です。

退職手続きと成功する転職

タイトル通り、退職にあたって知っておくべき手続きについて情報を提供しているサイトです。

退職は何日前にいえばいいのか?
退職届けは何日前までに出すべきか?
退職後の健康保険は何を選び、どう手続きするのか?
退職後の年金はどうやって加入手続きをするのか?
といったことが詳しく解説されています。

転職については、良い会社の選び方から各種転職メディアのうまい利用方法、転職面接対策など、知っておいた方がよい知識が無料で学べます。

さらに深く知るにはこちら→ 転職履歴書の書き方 

会社を辞めることを意識している人にとっては、とても有用なサイトといえるでしょう。

子供なら怖がらせない歯科医院を選ぶ

3月 6th, 2013 by admin

乳歯の虫歯治療は進行止めをし、フッ素を塗る程度のものです。

白衣を怖がるというお子様がいれば、
他の色の制服を身に着けている歯科医院を探してもいいでしょう。

治療法は基本的にかわりませんので、
怖くないような努力をしているところを選んでください。

子どもたちが好きなキャラクターで診察室を飾っている。
面白いものに集中させる方法を知っている。
とにかく努力をしている歯科医院を探すのです。

小児歯科だとそれを行なっていますので、
近くにあれば通ってみましょう。

歯肉炎がはじまったら

5月 31st, 2012 by someone

歯周病の主な種類は歯肉に炎症が起こる歯肉炎と歯周骨まで進行している歯周炎に分けられます。

年代によっても成人性歯肉炎や若年性歯肉炎など細かく分けられていることもあります。

歯周病は細菌による感染なので、自分以外の人に移してしまう可能性がありますし、自覚症状が初期の段階ではなかなかわからないので、症状に気づいたときはかなり菌の感染が進んでしまっている場合があります。

おかしいと思ったら早めの受診をし、治療をするのがよいでしょう。

虫歯と食生活の密接さ

4月 30th, 2012 by someone

虫歯と食生活にはやはりそれなりの密接な関係性があります。体も栄養失調になると壊すと同様で、歯も体の一部なので十分な栄養をとって歯もいたわりましょう。

食事に気をつけて歯も健康に

3月 31st, 2012 by someone

健康的なバランスが整った食事をとることで、体の健康はもちろんのこと、歯の健康も増進することができます。体も歯もいつまでも健康でありたいです。